忍者ブログ
[579] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569
2017.04.27,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.02.24,Sun
突然宇宙のことを考えてしまった。

きっかけは、全宇宙の銀河の数を知ったこと。
誰がどうやって数えたのか、数学オンチの僕には知る術はないけど、その数は約1000億~2000億個。

何じゃその数は!!
そもそも単位は「個」でええのんか!?

ちなみに僕らがいるこの銀河系の星の数が約2000~4000億個。
銀河というのは、数百億~数千億個の星の群。
そんな星の群がこの銀河系の星の数ほどもあるなんて、それを内包している宇宙って一体・・・。
こりゃあ絶対生命体がおるで。と思わずにいられませんね。
地球のような星があるかどうか、生命体がどんな形なのか想像もできないけど、あまりにも広大すぎる宇宙の中で、その存在を否定できる根拠がまったくない。

でも、遠くの何万光年・何億光年も彼方にある星のことを詳しく知る方法はない。


ところで、太陽が大きいことは皆さんご存知だと思う。
どれくらい大きいか。僕には、地球よりめっちゃでかい。としか表現できないので、GIGAZINEから画像を借りてきて、その太陽の小ささを見てみましょう。
ん?小ささ?大きさではなく?
そうです。太陽は小さかったんです。

では、どうぞ。
画像はクリックして拡大画像を見てください。記事内のサムネイルでは表現できないところが多々ありますので。


▲地球と金星はほぼ同じ大きさですね。


▲そうそう。木星はかなり大きいんです。


▲でもその木星も太陽に比べれば小さい小さい。地球は米粒ですね。太陽は地球の109倍もの大きさ。地球がパチンコ玉だとすると、太陽は大玉。運動会で使う大玉転がしのアレ。


さて、ここからですよ。太陽が小さいのは。


▲太陽よりずっと大きいおおいぬ座シリウス、ふたご座ポルックス、牛飼座アルクトゥルス。


▲まだまだ大きい星があります。比較的有名なさそり座アンタレス。太陽が針の穴のようです。太陽の700倍。


▲「ははっ!見ろぉ!太陽がゴミのようだ!!」byムスカ大佐
クリックして拡大しても太陽が見えませんw
コチラ参照してください。

これが現在知られている恒星の中で最も大きいおおいぬ座VY。アンタレスの2.5倍以上、太陽の1800~1950倍!本当に太陽が埃のような大きさにしか見えません。
地球と比べると何倍でしょうか。
太陽は地球の109倍。
ということは、109×1950=すごくおおきい。
ちなみに、この恒星を光が、地球を1秒に7週半周れるのに対し、おおいぬ座VYは1周8時間以上かかるそうです。


宇宙のことを考えると気が遠くなる。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Photos
最新コメント
from[またべえ 05/13]
from[ちぇぶ 05/13]
from[またべえ 04/01]
from[けーや 04/01]
from[またべぇ 03/17]
from[またべぇ 03/17]
from[じょり 03/17]
from[ちぇぶ 03/17]
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
またべぇ
性別:
男性
BlogPeople
QRコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]