忍者ブログ
[524] [523] [522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514
2017.06.27,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.11.29,Wed
最近、休日はレンタルDVD観賞に費やすことにしている。
ここ数年、映画はスカパーで観ていたんだげど、新しい家に引っ越しする際にスカパーの契約は切ってしまったので映画鑑賞欲求が溜まっていたのだ。
そんなわけで、休前日はレンタルショップで色々物色しているんだけど、面白そうな映画がない。ないんだよぅ。

【面白そうだなと思って借りてみたものの、面白くなかったワースト1】
「オーシャンズ12」
あんなに豪華な俳優陣を迎えてあんなに面白くない映画って、ガッカリ度が高い。っていうか、主役級のキャストだらけだから面白くないんじゃないか。一時期の4番バッターだらけの読売ジャイアンツみたいなもんだな。「金にモノ言わしたるでゲヘヘ~」ってな感じが満々で嫌なのだ。
無駄だなぁって思う。

【面白そうだなと思って借りてみたら面白かったベスト1】
ALWAYS 三丁目の夕日
これは泣いた。見所を上手く作っている。堤真一さんがハマリ役。
舞台は昭和33年、東京タワー落成時の東京下町。
この映画を通して一番感じたことは、今の時代は他人に興味が持たない風潮だけど、当時は他人に対して良くも悪くも興味を持っていたということ。前者の象徴として鈴木則文(堤真一)、後者の象徴として茶川竜之介(吉岡秀隆)が役を担っているように感じた。
お節介であったり他人の面倒を見るという行為は、面倒くさく、疎ましく感じられることかもしれない。でも、そう感じられるリスクを冒してでも人が人と接するということ、触れ合うということは間違いなく暖かい。
この作品は、大袈裟にいうならば「今の日本人の冷え切った心を溶かすあったかいストーブ」的映画である。

なーんて、評論してたらこれ、今週テレビで放映するのね・・・。知ってたら借りなかったのに。。。

ちなみに続編も決定してます。
ALWAYS 続・三丁目の夕日
2007年11月全国東宝系ロードショー
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Photos
最新コメント
from[またべえ 05/13]
from[ちぇぶ 05/13]
from[またべえ 04/01]
from[けーや 04/01]
from[またべぇ 03/17]
from[またべぇ 03/17]
from[じょり 03/17]
from[ちぇぶ 03/17]
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
またべぇ
性別:
男性
BlogPeople
QRコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]