忍者ブログ
[522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512
2017.06.27,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.11.23,Thu
こんなニュースがあった。


[体罰]奈良の「熱血校長」小4男児に ご飯粗末にした 
 奈良県三郷町の町立三郷北小学校で今月14日、給食のご飯を粗末に扱ったとして、岡本喜代治校長(59)が4年の男児の尻を強くたたいて転倒させるなどし、約1週間のけがを負わせていたことが分かった。岡本校長と同町教委は「行き過ぎた指導だった」として男児の家族に謝罪した。岡本校長は教育困難校の立て直しなどで実績があり、子どもと教師の心理についての著書も執筆。地元では「熱血校長」で知られている。

 同町教委によると、男児の担任教師が13日、給食で茶わんに残った米を団子状にして天井に投げるのを目撃し、岡本校長に報告した。岡本校長は翌朝、登校してきた男児を校門前で見つけると、ほおをつかんで引き寄せ、尻を6~8回たたいた。男児は転倒し、足をすりむき、ほおにはつめ跡が残って血がにじんだという。男児はそのまま授業を受けたが、帰宅後、傷に気付いた家族が病院に連れて行き、全治1週間と診断された。岡本校長は同日夕、男児宅を訪れて謝罪。町教育長には15日朝、報告した。


 同小によると、岡本校長は「食べ物を遊び道具にするのは許されず、ここで指導しておかなければと強く思った」と説明したという。


 岡本校長は1995年、「子どもの心と教師の心」(日本教育研究センター)を出版。同小は今年度、文部科学省が全国の9小学校を指定した「総合的な学習のモデル校」にも選ばれている。




僕らが小・中学校の時は体罰なんて普通だった。
いまでもそれが間違ってたとは思わない。
こんなことで親だけならまだしもマスコミがギャギャー騒ぐから学校教育が崩壊するんだと思う。

言葉で叱責すれば理解できるものかもしれない。でも時には体罰でわからせないといけないときもある。現に僕はそうして成長してきた。

想像だが、校長はおそらく事態がこうなるのを判ってて敢えて体罰という手段をとったんじゃないかと思う。
悪いことは悪いと親までもが理解していない昨今の傾向、校長は児童に体罰を加えることで大切なことを世に知らしめようとしたのかもしれない。自分自身がバッシングや懲罰を覚悟して。
保身だけを考える教育組織に対するアンチテーゼなんじゃないかと。
僕が勝手に想像しただけですけどね。(あ、別に贔屓してるわけじゃないですよ。僕は実際にこの校長と何度もあったことがありますが、個人的には嫌いですw)

先日、テレビで学級崩壊の現場を放送してたのを見て愕然とした。
もちろん、そんな学校は多くは無いだろうけど・・・そう信じたいけど・・・。

当ブログでも以前に身近なことで取り上げたけど、どうなってるんだろう、近頃の親どもは!
給食費払わないとか、子供が学校へ行かないのは授業が面白くないからだとかぬかす。なんでも人の所為にする。
仕事上、職員室へ訪問する機会が多いけど、学校は学校で教師はほんとに腑抜けてる奴がいるし、世間知らずで非常識なことを平気で言う奴もいる。もちろん一握りの教師だが。
いくら考えても理解できない。歴然として教育法案の前には大きな壁がある。腐った大人が育てた子供も・・・。基本的に子供に罪は無い。子供の罪は親の罪じゃないのか。だがその罪を背負うはずの親がこれまた・・・。

育児経験の無い僕が言っても説得力などないだろうけど。
少なくとも感謝の気持ちを忘れないことと人様の迷惑にならないように生活すること、それを教えるのは、ものすごく大切だと思う。

あーあ、どうなっていくんだろう日本は。
PR
Comments
無題
ほんとに どうなるんだろう、日本は、、って思いたくなるよなことばっかりねえ。

体罰、昔はフツーにあったよね。
このニュース読んだだけじゃよく詳細分からないけど、
この報じ方じゃ、担任は何もしてないの?と思うけど
なんらかの注意をしたのに、児童の態度が悪かったのかもしれないしねえ。
一つは、マスコミのあり方も問題ありありだと思うね~

最近のいぢめのことにしても子殺しのことにしても、
親の保育園での態度とか、「放課後の母親同士のおしゃべりにも参加せずすぐ帰っていた」とか、
そんなん悪いんかいっって言いたくなるような記事書いててさ。
変な常識押し付けるような、というか、勝手な母親象押し付けるような、というか、実際の状況知らんと好き勝手なこと書いてるなーって思うこともしばしば。

だから、あおりたてるマスコミも大嫌い。
でも、一番悪いのはほんと、親だと思う。
いぢめのどうのこうののときも、TVに出まくって学校責めてた親も見苦しいわ、、と思った。
けど・・・・・・
もしも、自分の子供が学校のことで自殺したら、
ひょっとしたら、気持ちのやり場がなくて、ああいう風に学校を責めるのかも、、とも思うけど。。。
見てるこっちのほうは何とでもいえるよね。
あれー、どっちつかずなこと書いてるけど、
とにかくあれだ、
今からいい方向にしていくように、まず学校とか教育委員会がどうとかより先に、親のほうが自分らと家庭を見直すとこからやないか、、と。
責任を押し付けすぎよね、皆…


こういう一連の嫌なことは考えだすとたくさん言いたいことありすぎて考えがまとまらんね~
ブログに書こうとしてはやめている…(^^;;

Posted by すみれ - URL 2006.11.26,Sun 19:15:53 / Edit
無題
あ、偏った書き方してしまった。変な態度の親ももちろん一部の人だけだと思う。確かにマスコミの報道を見てると全部の学校、子供、親がおかしいかのような錯覚がするね。でも、僕の中の常識では理解しがたい考え方を持ってる親が増加してきてるというのは、PTAの人と接してると実際に感じること。
もし、仮に自分に子供がいていじめを苦に自殺したとしたら、気持ちのやり場がなくなって学校に八つ当たりをするかもしれないとは思う。もちろん学校側にも責任はあるだろうし。ましてや教師が苛めに加担してたという事実なんか出てきたら・・・。でも、一番責めるのは自分自身だと思う。想像にしか過ぎないけど。
自分自身、いじめにもあったし、教師からもお前のことが嫌いだとはっきりとみんなの前で言われたこともあるし、バカにもされて恥をかかされたこともある。死にたいと思ったこともある。誰にも相談なんてできなかった。でも死ななかったのは、たぶん自分が死んだら母がそれこそ死ぬほど悲しむだろうと思ったから。
そういう風に考えるように育ててくれたのは、他でもない母その人。
そんなわけで、こんな記事を書いた。
授業中に教室から出て行ったり平気で居眠りする小学生、死のうと思って実際に簡単に死を選ぶ弱い子供たち・・・、育てたのは誰か。
Posted by またべぇ - 2006.11.26,Sun 22:21:30 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Photos
最新コメント
from[またべえ 05/13]
from[ちぇぶ 05/13]
from[またべえ 04/01]
from[けーや 04/01]
from[またべぇ 03/17]
from[またべぇ 03/17]
from[じょり 03/17]
from[ちぇぶ 03/17]
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
またべぇ
性別:
男性
BlogPeople
QRコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]