忍者ブログ
[461] [460] [459] [458] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450
2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005.04.17,Sun
中国の反日デモ

見てて思い出した。

大阪市西成区の暴動。

僕より若い人はあまり記憶にないかもしれないが、1990年に西成区で暴動があった。
暴動の主犯は西成区に多く住まう無職・住所不定の人たち。
そして目立ったのはあきらかに面白半分で火炎瓶を機動隊に向かって投げる若者たち。
今から15年も前のこと、当時僕は14歳。14歳の僕がその若者達を見て、「おまえらは暴動を起こす理由なんてないやろ」と思ったのだ。それと同時に僕が思ったこと。それは
「ちょっと面白そうやな。機動隊と衝突。火炎瓶。群。なんかワクワクするやん。」
この心理。理解できる人がこれを読んでる人たちの中にいるんじゃなかろうか。
たぶん、中国の反日デモのニヤけてる若者達の心理と似ていると思う。

似てないのは国際的だということだけではないか。
加えて反日感情。小さい頃から植え込まれた反日感情、愛国精神、莫大な人口。


それともうひとつ。
今のマスコミの偏見報道に踊らされるのもどうかと思う。

中国の人口は日本の10倍。
デモの人数は多くて数万人規模。
単純に日本の人口と比率計算すると中国での1万人は日本での千人の規模になる。

日本のマスコミの報道を見ていると、全中国人民が反日感情でデモを起こしているかのように錯覚してしまう。
日本総領事館や日本人が営む商店や日本人が襲われたのも事実。中国政府がデモを容認している傾向にあるのもまたおそらく事実だろう。

一部マスコミでは報道されていることではあるけど、ようく見ると、にやけた若者や日本軍国主義反対といった情報が見えてくる。
真っ当な教育を受けているなら日本が軍国主義ではないことは世界規模で知られていることだ。
にやけた若者が西成暴動を彷彿とさせることも僕以上の年齢層には想像もつくことだろう。


ただ、僕が一日本人としてこの事実を目の当たりにして思うことは、ここまで書いてきたことに全く準じてるとはいえない。
やはり、違和感を感じつつも、「このクソ中国人どもが!」と思うのだ。
たしかに日本が戦時中に犯した罪はあるし、教科書問題もあるだろう。それを憎むことも是だと思う。愛国思想には欠かせない材料だろうし。

デモを起こしている中国人、それを容認する中国人に問いたい。
日本は中国を敵視しているだろうか?
戦争中のことを現在に於いて断罪するのは正しいことなの?それの利点は?
中間線付近ガス田試掘権は全部中国のものなの?
そしてそれが今のあなたたちの日常生活を脅かしているものなのか。
これらに対して理論的に反論できるのか、君たちは。

およそ理論的とは思えないこのデモ行動&暴動。

せっかく観光ビザの廃止で日中間も友好的になってきたのかと思ったら、これだ。

デモ軍団よ
日本を攻撃して何かを得られるとおもうなよ
ムダだ
戦争を起こしてまた同じ過ちを犯すのか。犯されるのか。

そして面白半分でデモに参加してるアホども
お前らは戦時中に過ちを犯した日本兵より愚かだ。
PR
Comments
無題
こんにちわ。
丁寧に書かれておられたので、思わずコメントしたくなりました。
無礼でしたら申し訳ありません。

まず中国の人口と比較して考えれば、今回のデモは本当に少数派の行動ですよね。
日本メディアの大げさな取り上げ方には、僕も疑問でした。

そして中国人をかばうわけではないですが、デモを行う気持ちも分からなくはないんです。
未だ発展途上国としての彼らには、他に訴えかける手段が無いという実情もあり(だからといって、危害を与える事が許されるわけではありませんが)、僕ら先進国の人間としては、彼らを批判するのではなく、受け止めて正しい方向に導く責任があると思ってます。

かつて一般市民を相手に大虐殺が行われた事実は、忘れる事のできない記憶として、中国人の心中に今もあり続けています。
それに対し日本は、(第二次大戦などの)敗戦から得るものはあったものの、確かに彼らに対する敬意を教育の中に含めていない気がします。
少なくとも僕のような若い世代には、その事実すら知らない者も多いです。
もしこれが逆の立場で、日本人の祖先が大虐殺を受けたならば、今の中国と同じような感情を抱くのではないでしょうか。
彼らが望む事は日本を批判する事ではなく、同胞の尊厳のためということ、これはむしろ至極当然のことのように思います。
(何度も言いますが、報復など間違ったやり方は許されません。)

よく「中国人は反日感情が植えつけられてる」と言われますが、実際は理解のある中国人も大勢います。
彼ら中国人にとって必要なのは自国のプライドであり、それを失っている今の日本にとっては、彼らが異常に見えるのではないかと思います。

僕自身、論点がよく分からなくなってきたので、勝手ながらこの辺で切り上げさせていただきます。
長文、失礼しました。
Posted by ヤスアキ - URL 2005.04.22,Fri 01:52:42 / Edit
無題
コメントありがとうございます。
実際に現地におられる方から貴重なご意見もらえるなんて。
僕もヤスアキさんとほぼ同意見ですよ。

自国のプライド=愛国精神だと思うのですが、確かに日本人には欠如した感覚だとしか言いようがないですね。
中国が日本から虐殺を受けたのと同じく、日本もアメリカから、虐殺ではありませんが、爆撃を受けて多大なる犠牲を払いました。
その点においては中国も日本も同じだと思います。それなのに、片や中国は愛国精神を貫き続け、人民思想で共産主義を受け入れました。片や日本は愛国精神を捨ててアメリカの資本主義を受け入れて先進国に至りました。
この2国の思想はたぶん恒久に相容れないだろうと僕は思っています。
ヤスアキさんのおっしゃるように、先進国の僕ら日本人が彼らを受け入れるという意見には賛成します。たぶん、道はそれしかないのだろうから。
だからといって、ガキがおもしろがって暴徒化しているのを受け入れるほど、僕は寛容じゃないです。そして、日本政府もそうであってほしいというのは僕の感情です。なんでもかんでも寛容すぎるのです、日本政府は。
Posted by またべぇ - URL 2005.04.22,Fri 15:42:32 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Photos
最新コメント
from[またべえ 05/13]
from[ちぇぶ 05/13]
from[またべえ 04/01]
from[けーや 04/01]
from[またべぇ 03/17]
from[またべぇ 03/17]
from[じょり 03/17]
from[ちぇぶ 03/17]
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
またべぇ
性別:
男性
BlogPeople
QRコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]