忍者ブログ
[218] [217] [215] [214] [213] [211] [210] [209] [208] [207] [206
2017.09.22,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004.07.09,Fri
今朝のこんな出来事。

昨夜は5時まで・・・
いや今朝の5時まで起きてました。
原因はまみに薦めてもらった小説です。
京極夏彦の京極シリーズ第1作「姑獲鳥(うぶめ)の夏」
を読んでいたら眠れなくなってしまったのです。物語が収束に向かってからが長い!おもしろかったからいいんですけどね。

で、
朝起きたら・・・
・・・

なんか視界がモヤモヤするんですよ。


朝の覚醒前の脳みそで

「ハハァ〜ン、さてはわし、呪われたな。でもこれは仮想現実だ

 から大丈夫なのだ。ふぉッふぉッふぉッ。」

などと数時間前に読んだ小説の影響で、そう思ってたんです。

でも、いつものように朝の習慣顔を洗っても、睫毛をティモテテ

ィモテ〜(古っ)と洗っても、水で目ン玉ショボショボ〜として

も、まだ視界がモヤモヤとしている。

まるで、濃い霧の中を彷徨ってるかのような錯覚すら感じる。



覚醒した脳みそでようく考えて、やっぱり何かの呪いなのではな

いかと認識し始めたときに、ようやく悪寒を感じました。背中や

頭頂部に視線。誰かがわしを見張っているような気がするのです。

同居人の気配は遠くに感じるので同居人が見張っているわけでは

ないはずです。

ここは洗面所。鏡を見れば後ろに誰がいるか知ることができる。



突然、洗面シンクの下の扉が、

ゴトッ・ゴトッ・ゴトゴトゴトゴトッ

と大きな音を立ててその扉の内側からバタンバタンと開きそうに

なっては、バネの力で押し戻されいるのを見たわしは反射的に洗

面台から飛び退きました。


目は扉に釘付けになり視線を外そうとしても金縛りに遭ったよう

に目がいうことをきかなくなってました。

足はガクガクとして立っているのがやっとでした。

何者かが扉を開けようとしている。

何者かの目らしきものが扉の隙間から光るのが見える。

目を逸らすことはそのときののわしには許されてなかったので

す。

何者かが扉内の空間でガサガサ蠢(うごめ)く音が耳の中に入っ

てくる。

その音は耳の中で次第に大きくなってゆくのに耳はとじることが

できないのです。いや、手を使わなければ塞ぐことは叶わない。

でも今やわしの手は震動するだけの物体と成り果ててしまった。


強烈な嫌悪感に襲われながらその感覚を呼び起こす根源となって

いる対象を凝視しつづけざるをえない状況がさらに糧となって

恐怖を呼び覚ますのです。

やがてその恐怖はわしの喉から嗚咽とも叫びともつかない声を

絞り出す。

あぁぁぁぁぁっがあぁっああああー!!


おしっこちびりそうでしたよ。コイツが扉から出て来たときは。

しかも目の中にコイツの体毛が固まって入ってたんです。

アイボンで洗浄したらやっと治りましたよ。

あー、恐かった・・・
PR
Comments
無題
寝る前におもちゃは片付けとかないと。。
Posted by あち - 2004.07.09,Fri 23:27:34 / Edit
無題
だからおもちゃじゃねーっっつーのに!!w
Posted by 股兵衛 - 2004.07.09,Fri 23:30:13 / Edit
無題
あ あちさん おげんきですか?
Posted by ちぇぶ - 2004.07.10,Sat 00:05:11 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Photos
最新コメント
from[またべえ 05/13]
from[ちぇぶ 05/13]
from[またべえ 04/01]
from[けーや 04/01]
from[またべぇ 03/17]
from[またべぇ 03/17]
from[じょり 03/17]
from[ちぇぶ 03/17]
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
またべぇ
性別:
男性
BlogPeople
QRコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]