忍者ブログ
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78
2017.12.13,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004.04.16,Fri
みなさん、エキノコックスはご存知ですか?
ご存じないという方は、まずはコチラ(北海道大学大学院獣医学研究科寄生虫学教室)とコチラをご覧ください。
わしは目黒寄生虫館ではじめてエキノコックス症例の病巣写真を見ました。キモかったですw。イヌやキツネなどの肉食動物が持っている可能性のある寄生虫ともいわれていますが、主に生息地は北海道。終宿主はキタキツネともいわれています。

近々、東京都あきるの市にムツゴロウ王国が移転予定です。
そうなると当然懸念されるのがエキノコックスです。王国の動きはコチラということなんですが、これは土井陸雄・横浜市立大名誉教授からあきるの市へ忠告があり、同市から王国に説明を求められてそれからの動きというのだから呆れたもんです。
あきるの市(人口密度<1平方キロメートル/人>1087.95)へ移転するにあたって、ムツゴロウ王国が保有する動物から、エキノコックスだけでない様々な寄生虫や感染症がヒトに移る可能性は、北海道標津郡中標津町(人口密度<1平方キロメートル/人>34.811)においてのそれをはるかに上回ります。

ちなみにわしは昔からムツゴロウさんは好きです。だから軽率なことで王国を潰して欲しくはない。そもそも王国は北海道にあるから良いのではないの?なんで東京に行くの?営利目的?
どうなの?あきるの市ムツゴロウ王国ってのぁ・・・



参照サイト◆探偵ファイル
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
目黒寄生虫館でXserve
前々からいっぺん行ってみたかった、目黒寄生虫館へ行ってきた。 JR目黒駅に降り立った我々探検隊がこれから目にする、恐怖と戦慄と巨大なアレ玉にあなたは目をそむけずにいられるか!? この番組は、川口浩記念財団(仮)の提供でお送りいたします。 さすが、面白ふしぎスポット目黒。のっけからジャブを打ってきやがる。 ・「自転車のデパート」と銘打った町の自転車屋さん ・「世界心道教御幸教会」と銘打った褐色のコンクリに純白の紙垂(しで)が映える謎のビル ・徳川の葵紋をでかでかと冠した謎の巨大建造物(となりにあんみつ屋を併設) など、ちょっとほかのジャパンではお目にかかれない、個性的なメルクマールが次から次へとおいでなさる。ふぅ、このままではすっかり飽食の時代に浸かりきってしまったこのヤワな身じゃぁもたねぇぜ。というわけで、目的地へ到達する前に早くも疲弊しきった我々探検隊は、腹ごしらえをすべく食物先遣隊を編成。ひとまず彼らからの連絡を待つことにする。 20分後、先遣隊から連絡が入る。「500メルテ先に、茶聖左能 典代仙人の岩茶房を発見」とのこと。もはや腹が減りすぎて拝狼(おがみうるふ)になりかけていた我々探検隊にとって、これ以上の吉報はない。「バックス・バニー ショー」でワイリー・コヨーテに追いかけられるロード・ランナーばりの過剰なダッシュで現場へ急行する。 「岩茶房」にて我々探検隊は、究極のジャージャーメン、至高の豚マン、感涙の水餃子、そして――中庸の誉れ高き中国銘茶「奇種」にありついた。 ここで、一句。  豚マンに 詰まりし歴史 奇種で呑む  <選者評>  豚マンの旨さを歴史の重みにたとえているのが、心にくい。  「飲む」を「呑む」とあえて言い換えているのもどうでも  いいが興味深いところ。奇種の旬が春先であることから、  この句での季語となっている。ひとことでいうと、  「ゴイスまいうー」。  奇種薫る あいまみえるぞ 寄生虫  <選者評>  これからおとずれる寄生虫ワールドへの畏怖を、寄種の味わ  いとともに胃に飲み下そう、という作者の強い意志を感じる。  「奇」と「寄」という、発音は同じだが意味合いが異なる漢字  の使い分けのコントラストにハッとさせられた。ひとことで言うと、  「ゴイスまいうー」。 腹ごなしも済み、慣れない句も詠んでいい気になってきたところで、我々探検隊は決意もあらたに出発した。 (中略) なんといっても、今回の一番の収穫は「バンクロフト糸状虫症」だ。このページの上部にある写真を見てほしい。一体この物体が何なのかわからなかった視聴者の方も多いと思う。 実は、これは金玉なんだ。寄生虫によってリンパ線のバランスがくずれて肥大した金玉なんだ。さしずめ、彼はキンタマンなんだ。「人間の足は老いていくごとに4本→2本→3本になる」と、スフィンクスさんが言っていたけど、彼は若くして3本になってしまった。いや、この隣りで紹介されていた、当時の様子を赤裸々に描く北斎漫画を見る限り、「4本足の後ろ指さされ組@デカマラー(ユニット名「大嚢」)」であるとも言えるんだ。 写真では確認しにくいが、「昭和45年頃撮影(日本)」と書いてある事実に探検隊の面々は驚きを隠せない。つい最近までこんなおっとろしい寄生虫症がこの日の本の国に存在していたなんて。聞くところによると、あの西郷隆盛もこれに感染したいたとの報告も受けている。 ■探検日誌:総評 「世界で唯一の寄生虫博物館」というキャッチの割には、ディスプレーはイマイチであると我々探検隊は結論づけざるを得ない。また、階段の踊り場で「2FにてMUSEUM GOODSを展示しております。ご希望の方は内線でおもとめください」と表示しつつ、内線なんかどこにもないのは内戦ものだ(フツーに売り子が売ってる)。 しかし、あのエクスクルーシブなデカ金は世界ビックリ人間もクリビーだし、入館料は無料である。これらはほんとにすばらしい。「岩茶房」で仙茶に舌鼓を打ちながら、一句意気込んでから死地へ赴くのも一興だ。 ちなみに、デカ金はググったら女性の発症画像もあったが、ちょっとヤバすぎるのでリンクは控えろいう命令が上層部から下された。残念。 ■探検日誌:短評 あー、手のひらサイズでよかった。
A → Z : Xserve - URL 2004.04.19,Mon at 22:59:37
ムツゴロウ王国が7月に開園
ムツゴロウ王国が7月に開園
野武士旅団 実験2 - URL 2004.04.22,Thu at 23:23:29
Photos
最新コメント
from[またべえ 05/13]
from[ちぇぶ 05/13]
from[またべえ 04/01]
from[けーや 04/01]
from[またべぇ 03/17]
from[またべぇ 03/17]
from[じょり 03/17]
from[ちぇぶ 03/17]
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
またべぇ
性別:
男性
BlogPeople
QRコード
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]